交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

交通事故の被害者は
加害者の自賠責保険で治療をします。
後遺障害が残った場合は
後遺障害慰謝料が給付されます。

傷害への給付金は機械的に決まるため
あまり問題とはならないのですが
被害者が困ることが多いのが
後遺障害慰謝料です。

後遺障害はなかなか認められないため
後遺症があっても保険金が出ず
困っている被害者は少なくありません。

被害者ケース

そうした場合は
交通事故専門の弁護士に相談することです。

交通事故の後遺障害認定審査は
書面によってのみおこなわれます。

桜を見に行く

直接被害者を診ることはありません。
認定結果が妥当なものかどうかを
まず交通事故専門の弁護士に判断してもらいましょう。

被害者を目の前にしているわけですから
より事実に即した判断ができます。

その結果、後遺障害認定に問題があるとなったら
被害者は異議申し立てを続けやすくなります。

その結果、認定される可能性があるからです。
認定されるような資料の出し方も、アドバイスされます。

どういう資料が認定にあたって
必要とされるのかは公開されていませんし
整形外科医もわかってはいません。
最も詳しいのは、交通事故専門の弁護士です。

機械審査ではなく
審査するのも常に同一人物ではないため
認定に必要な項目というのを知るのは至難の業です。

被害者がわかるわけはありませんし
主治医もしかりです。

膨大な過去の事例から類推していくしかなく
それができるのが交通事故専門の弁護士となります。