交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

交通事故を起した場合に
示談交渉で一番揉めるのが過失割合です。
停車車両に対して
追突事故を起した場合などは追突した
車両の運転手の過失が100パーセントになるので
とてもわかりやすいのですが
双方が走行中で車線変更などを行って
接触した場合などは双方に過失があるため
過失割合で揉めることが多くあります。

ライトアップ

交通事故を起した場合には
現場に警察官が来て事故証明者を作成してくれます。
事故証明者を警察が作成してはじめて
保険会社が示談交渉を開始してくれます。
しかし、相手の保険会社も過失を
少なくしようと交渉をしてきます。

 

交渉相手は?

このような場合に交通事故を専門にしている
弁護士が入って過去の判例などをもとに交渉してくれます。
弁護士は法律の専門的な知識があり
示談交渉においてもプロフェッショナルです。
近年の自動車保険では弁護士特約がついている保険もあり
保険料金が若干高くなってしまうのですが
交通事故を起した場合にはとても頼りになります。