交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

病気や怪我をしたときには多くの人が病院を利用します。

日本では全員が健康保険への加入が必要なため
国民健康保険を利用して治療を行ってもらいます。
しかし、交通事故の場合には支払い方法は異なります。

 

支払い対象は?

交通事故の場合には加害者と被害者がいます。
被害者に治療が必要となった場合には
加害者が医療費を支払わなければなりません。

暗闇で

その際には、被害者の国民健康保険は使用することはできないため、
加害者は治療費の全額を負担する必要があります。

実際には加害者は最低でも自賠責には加入していますし
多くの人が任意の自動車保険に加入しているため
保険会社によって支払われることとなります。

その際の治療費は病院が自由に決めることができるため
交通事故治療は一般的な治療よりも高額になることが多いです。