交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

後遺症

交通事故で加害者になった場合は、処分内容には幾つか種類が
有りますが、被害者を死亡させてしまった場合や後遺症などの
重い障害を負わせてしまった場合は場合によっては懲役刑が下され
刑務所で服役しなければいけない場合も有ります。

特に死亡事故の場合は確実に刑事裁判になりますので、
ほぼ刑務所で服役をする事は免れません。

そして服役中も民事裁判で遺族や被害者から損害賠償も求められ
ますので、刑務所に入ったからと言ってそこで終わりではなく
服役を終えた後でも自分の起こした交通事故に対しては
ずっと被害者に対して償っていかなければなりませんので
交通事故は被害者だけではなく、加害者の人生を大きく狂わせる
物ですので起こす前によく注意をしなくてはなりません。

損害賠償

交通事故における刑事処分の内容とは|反則金と罰金はどう違う?


交通事故を起こしてしまった場合、民事処分と行政処分、刑事処分という
3つの法的責任と負うことになります。

その中の刑事処分は、刑法と道路交通法、2015年5月から施行された
自動車運転処罰法により刑罰が下されます。

交通事故は物損事故と人身事故の2つに分けることができますが、
刑事処分の対象となるのは人身事故のみとなっており、刑事処分の内容としては
自由刑もしくは罰金刑のどちらかとなっています。

自由刑とは加害者の自由を制限する刑罰のことで、具体的には
1日以上30日未満で刑事施設に拘置される「拘留」と、
30日以上刑事施設に収容されて身柄を拘束される「禁固」、
30日以上刑事施設に収容されて刑務作業が科せられる「懲役」に分かれています。

罰金刑は身柄を拘束される代わりに財産を納付する刑事罰で、
納付書に従い現金で一括払いしなければなりません。

なお、反則金と罰金は意味合いが異なり、反則金は行政処分で
刑事処分ではないため前科は付きませんが、罰金の場合は重い違反行為に科せられる
刑事罰であるため、前科が付くことになります。