交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

 

交通事故にあった経験がある人はいないでしょうか。

もしも交通事故に遭い、大きな怪我を負ってしまった場合には
弁護士などの専門家に相談することが重要になります。

大きな怪我

なぜかというと専門家が交渉を行わなければきちんとした
損害賠償を受けることが難しいからです。

加害者側の交渉は保険会社が行います。
保険会社は交通事故の手続きに関してはプロなため、
賠償をできるだけ小さくできるように交渉してきます。

専門家

その際に知識がないとたち打ちすることはできません。
特に問題となるのは後遺症認定です。

後遺症認定というのは交通事故によって受けた怪我によって
おきた後遺症のレベルを決める作業です。

後遺症は被害者がその後の人生においても背負うことになるため
きちんとした認定がされる必要があります。

後遺症の認定制度『後遺障害』の認定と等級


それではまず後遺障害の意義について確認しておきます。
後遺障害とは症状が残存していても、治療を継続してもこれ以上の回復が
見込めない症状固定状態になった場合に、慰謝料や逸失利益の損害賠償を
可能にするために、一定の障害等級に該当する旨を認定することです。

症状固定後退となると、それ以後の症状は交通事故との因果関係の
範囲外に認定されるので、損害賠償の対象外です。

しかし、これでは交通事故で障害を負ったことに起因する
損害賠償を十分確保できないので、一定の障害等級に該当すると
認定された場合に、受賞しなければ得ることのできた利益や
精神的損害に対して賠償金を支払うというものです。

しかしここで注意しなければならないのは、後遺障害には
3つの決まりが存在する点です。

それが自賠責基準・保険会社基準・弁護士基準とよばれるものです。

つまり、同じ障害が残っても、どの基準を適用するかで
具体的な損害賠償額が異なってきます。

最も高額なのは弁護士基準で、一番安い自賠責基準との間では
3倍前後違うことも珍しくありません。

後遺障害の認定は書面主義が採用されているので、必要書類を揃えて
自賠責保険会社に提出する必要があります。特に医師の診断書は必須になります。