交通事故に備えて弁護士を準備する

交通事故を起こす前に知っておきたいこと

病気や怪我をしたときには多くの人が病院を利用します。

日本では全員が健康保険への加入が必要なため、国民健康保険を
利用して治療を行ってもらいます。

しかし、交通事故の場合には支払い方法は異なります。

病院

交通事故の場合には加害者と被害者がいます。
被害者に治療が必要となった場合には加害者が医療費を支払わ
なければなりません。

医療費

その際には、被害者の国民健康保険は使用することはできないため、
加害者は治療費の全額を負担する必要があります。

健康保険の対象範囲|交通事故被害者の場合

業務上でのトラブルによる怪我は、労災保険が適用され被害者の自己負担はありません。
では、交通事故を起こした場合での怪我はどうなのかというと、
こちらは健康保険の対象範囲となりますので、健康保険証で治療を受けることができます。

ただし、無免許運転や飲酒運転などの法令違反による事故を起こした際に
怪我や貰い事故などの第三者によって負わされた怪我は、健康保険の適用外と
なりますので、保険証の使用ができず、治療費を全額負担しなければなりません。

第三者によって怪我を負わされた場合での怪我は、公的医療保険が一旦適用されます。

40年以上前に旧厚生省が提示した通知により、被害者が用いることができます。
その医療費は被害者が加入する保険が負担するものではなく、加害者が支払うべき
治療費を保険制度が一旦立て替えて、後日改めて加害者に治療費が請求される仕組みになっています。

被害者が保険証を用いて治療を受ける場合は、加入している公的医療保険に
連絡を入れて、「第三者による傷病届」などの必要な書類を揃えて
手続きをする必要があります。

必要書類が揃っていれば保険証を使用した治療を受けることに何の問題もありません。

保険内容は事前に熟知しておこう


実際には加害者は最低でも自賠責には加入していますし
多くの人が任意の自動車保険に加入しているため
保険会社によって支払われることとなります。

その際の治療費は病院が自由に決めることができるため
交通事故治療は一般的な治療よりも高額になることが多いです。