SEO対策におけるページランクの重要性

最近のSEO対策で重要視されているのが”ページランク”です。
これは各検索エンジンが独自の基準をもとに、
サイトの各ページごとに評価をつけているものです。

重要な項目

これが高ければ高いほど、検索エンジンに評価されている
ということになり、検索結果で 順位を上げることにつながります。

立ち上げたばかりのサイトはランクがありませんが、時間を経るごとに
SEO対策や、リンクの効果により、ランクが付いてきます。

しかし、一度ついた評価は随時変動します。
長い間更新がない、HTMLの不備などでランクが下がることも
ありますので、注意が必要です。

特に会社案内などのサイト。
基本的に会社情報に変化がなければ更新の機会がなかったりします。

そうすると、ランクが下がってしまう可能性があるのです。
ですから、サイトを構成する際には工夫が必要です。
必然的に更新が必要なコンテンツを組み込んでおくのです。

例えばブログ。
あるいは新着ニュースなどのコーナー。
こうしたコンテンツを組み込んでおけば、随時内容を更新することになります。
そうすれば更新がある程度のペースで行われ、ページランクも
維持または向上させることができるのです。

seo対策で検索順位を上位にするためにまずすべきこと

検索順位の上位を狙うために重要なseo対策として、
サイトコンテンツの充実や更新頻度の見直し、効果的な
キーワードの使用などが挙げられますが、これらの施策は
実は誰もが実践しているため、検索順位をすぐに改善することは
難しくなっています。

困難

検索上位を短期間で狙うための最も効率的なseo対策は、
タイトルと被リンクです。

かつては記事の中に検索キーワードが含まれているだけで
検索結果の上位に表示されることがあったため、
バランス良く記事内にキーワードを分散させることが
重要とされてきました。

しかし、その後検索サイトのアルゴリズムが変化し、
現在では検索したキーワードがタイトルに
含まれていない限り、検索上位に表示されることは
厳しくなっています。

このため、記事を作成する段階で、良く考えた
タイトル付けが重要になります。

既にインデックスされている記事のタイトルを変更してしまう
という手もありますが、記事タイトルに含まれるキーワードが
変化すると、検索順位に多大な影響を与えるほか、時には
過剰なseo対策としてペナルティが課せられたり
評価がリセットされることもあり、変更する場合は
慎重に行う必要があります。

しかし、一時的に検索順位が下がったとしても、時間が経過すると共に
検索上位に表示されることが多いため、長期的な視野であれば
タイトル変更による順位下落を気にする必要は
無いと言えます。

タイトル以上に効果があるseo対策として
被リンクがあります。

しかし、被リンクはすぐに増加するものでは無いため
効果が出るまで時間がかかります。

被リンクを購入するなど意図的に被リンクを作った場合は
やはりペナルティを課せられる危険性もあるため、
タイトルの見直しが最も安全で効果的なseo対策となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)